葬儀に必要な知識を身につけよう〜葬儀マスターの心得を伝授〜

葬儀

葬儀に必要な費用

花

葬式をするのにはとにかくお金がかかります。まず、日本でごくごく一般的な式を挙げようと思えば、1回で300万円もかかってしまいます。更に、お墓や仏壇、供養にかかる費用などは別途でかかりますので、総額で400万円はかかる事になるでしょう。しかし、ただでさえ不景気で雇用も不安定なのが現状です。そんな世の中でこのような葬儀を挙げられない、と言う人も多くいます。そんな人に需要が高まっているのが直葬です。これは式を行わず、そのまま火葬場へ行って処理してしまうと言う方法です。通夜すらも行いませんので、時間も短時間で費用はなんと30万円程度で完了します。更には、お墓等も作らない、仏壇もいらないと言う人も多いですので、葬儀そのものの形や意識と言うのはだんだんと変化しつつあるのです。技術の発達により、仏壇では無く遺骨をダイヤモンドや石に加工し、アクセサリーにできると言う供養方法があります。これを利用していつも身近においておく手元供養の方法をとっている人が多くなっています。

もし親族の葬儀を挙げることになったのであれば、葬儀にかかる費用を業者に相談してみると良いでしょう。プランによってかかる費用は異なるので、あまり資金が用意できない場合でも対応してくれる場合があります。大切な家族が天国へ旅立ってしまうことで作業が手につかない場合でも、業者がしっかりと葬儀を進行してくれます。もし費用を気にして火葬のみを検討している場合でも、様々なプランの中から最適なものを選択できることを知っておくと良いでしょう。